保育所の課題とは

保育所と幼稚園の一元化

保育所と幼稚園を一元化した「こども園」を作る案が考えられています。これにより、できるだけ子育ての支援をおこない、働くお母さんや両親の負担をできるだけ引き受けようとする制度です。そもそも幼稚園と保育所は学校と子ども預かり所というように、ちょっと用件が違っていました。だからこそ、幼稚園は預かり時間が短いですし、保育園では教育という面が足りないことも。それらを踏まえて、幼稚園の預かり時間を長くしたり、働く両親のために長時間の保育を可能にするべきといったりするような案が出ているのです。現在では多くの幼稚園が、こども園として運営するようになり、待機児童問題を少しずつ改善しつつあります。

ただし、問題点としては保育料が変わってしまうことでしょう。こども園になった場合、なんと保育料は所得別に変化。これまでの一律の料金ではなくなってしまったことが挙げられます。これまでと内容はさほど変わらないのに金額が上がってしまうということには、文句を言う人も多いようです。ただ、これで待機児童が改善され、いままで預けられなかったご家庭も預けられるようになるのですから、よい点ともいえるのかもしれません。いずれにしても現在もよく検討されている問題であり、これからも保育所の課題として議論し続けられることでしょう。

このページの上に戻る