保育所の課題とは

小さな保育所の設置

保育所の不足、人材不足の問題は後を絶ちませんが、解決法もいくつか見いだされています。たとえば大きな施設ではなく小規模の保育所を運営すること。国の認可は得られませんが、NPO法人と協力するなどして安全な保育所を運営することは可能です。また、専業主婦のように家庭にいて子育て経験のある方々を雇えば、人材不足を軽減させることができます。

最近では、横浜市が待機児童をゼロにしたことが話題になりました。これは上記のようなやり方で、小さな保育所を運営し、無認可の保育所を増やしたことが解決の根本にあります。ほかにも私立の幼稚園で預かり保育を実行するなど、さまざまな試みがなされました。

しかしながら、実際待機児童はゼロということになったものの、さまざまな要因から保育所を利用できない保留児童と呼ばれる子供たちが発生しており、決して完全に解決したとは言えない状況のようです。多くの親たちはできるだけ認可保育園に安く入れたいと思うのが実情ですから、全員の願いを叶えて待機児童や保留児童を、まったくのゼロにするというのは非常に難しいことでしょう。こうした、待機児童、保留児童の問題はまだまだ解決には至っておらず、今後も課題として残っていく問題とされています。

このページの上に戻る